パブリックゴルフ場とゴルフ会員権

パブリックゴルフ場とゴルフ会員権

パブリックゴルフ場とゴルフ会員権

パブリックゴルフ場、一般公衆向けに開放されているゴルフ会員権を保有しなくともラウンドプレーが可能なゴルフ場のことである。

パブリックゴルフ場とは逆に会員制のゴルフ場(メンバーシップゴルフ場)があり、そのゴルフ場の会員でないと(もしくは同伴・紹介がないと)プレーできない。

しかしバブルが崩壊し、ゴルフブームが陰りを見せ始めた頃から会員制のゴルフ場も一般開放しなくては経営がなりたたない状況となり、現在では多くの会員制のゴルフ場はフリーでもプレー可能のコースも多い。

このパブリックゴルフ場は民間での経営が殆んどであるが一部地方自治体の運営するコースもあり、料金も安価に設定されている場合が多いが会員制よりは芝の手入れなどで劣るという面もあるが、仲間同士で気軽にするラウンドにはうってつけである。

会員制のゴルフ場でもビジタープレーの場合、平日での料金は手頃に設定されている。

何よりも初心者ゴルファーが初ラウンドも多くなり、OBやティーショットで空振りなどをしても何故か許されるような感覚がうれしい。

但し、ゴルフ特有のマナーがあるので最低限これだけはわきまえてプレーするのが礼儀というものである。


【こちらの記事も読まれています】