ゴルフ会員権を持ったらパープレーが目標

ゴルフ会員権を持ったらパープレーが目標

ゴルフ会員権を持ったらパープレーが目標

ゴルフ会員権を購入しメンバーコースでプレーするのであればパーを取りたいものです。

各ホールに設定されている打数ですがホールの長さによってパーの数は設定されています。

最近では18ホールを全てパーで回ると72というのが主流ですが少し前まではゴルフ場の用地の事情で違うところもありました。

パーを取るときに大事なのはティーショットからそのホールの距離を把握しカップまでどのようなクラブ選択で進むかをイメージし打つ必要があります。

ティーショットで遠くに飛ばすだけではなく、グリーンまでの残り距離を自分の得意なクラブの距離に残すことも一つの技・戦略なのです。

アプローチに自身があるのであればグリーンから何ヤード残しサンドウェッジで乗せようなどカップから距離を逆算してクラブ選択をするのが上級者と言えます。

最初のうちは前へ前へ・遠くへ遠くへと余裕がないと思いますが、いかにショットのミスを少なくすることがパープレーに近づくために必要な考え方です。

ゴルフ会員権を持ったらマイコースでパープレーをしたいものです。


【こちらの記事も読まれています】