歴代のプロゴルファー

歴代のプロゴルファー

歴代のプロゴルファー

ひと昔、女子プロゴルファーとして活躍を見せていたのが宮里藍選手であるが、女子プロ優勝回数最多の72回実績を持ち、世界ゴルフ殿堂入りを果たした通称チャコこと樋口久子プロは国内での生涯獲得賞金のランクは以外と22位になっている。

現在の生涯獲得賞金トップは不動裕理プロ、13億円を超えている。

歴代の女子プロでは、同じく殿堂入りしている岡本綾子プロは14位に甘んじているがこの岡本プロと樋口プロが日本の女子プロゴルフの基盤を確立したというのが一般的な評価である。

ちなみにまだ経歴的には浅い方の宮里藍プロではあるが32位であった。

男子プロゴルファーでは、なんと言ってもやはり尾崎将司プロで2位との格差はなんと数億から十億円もの開きがあるといわれている。

この尾崎プロが運営する会社ではゴルフコースの監修や設計も手がけており、茨城県にあるゴルフクラブがこの会社によるものである。

ちなみに、このゴルフ場のゴルフ会員権相場を調べてみたところ散々たるものであった。


【こちらの記事も読まれています】