ゴルフを楽しみに

golgol ゴルフ会員権 本当にあった話 ゴルフを楽しみに

ゴルフを楽しみに、いつかはゴルフ会員権

大学を卒業してやりたいことはゴルフ。

大学生では道具だのプレー代だの、ましてやゴルフ会員権など高額過ぎる費用の為に夢のまた夢だった。

良く飛ぶとかいうクラブやボールを買って、打ちっ放しで練習して石川遼君に負けないゴルフウェアを着てスマートにプレーするというのが私の理想だ。

その夢を叶えたら次はゴルフ会員権を買いたいと思っている。

ゴルフ会員権を持っていてこそのゴルフだと思うし、そういう付加価値あってこその優雅な大人スポーツだと思っている。

貧乏人が生活を切り詰めて費用を捻出するようなスポーツではないという象徴がゴルフだと私は思う。

同じステージの人間達が、ビジネスや生活についてコミュニケーションを取りながらゴルフを楽しむ。

それも季節を感じる屋外で、屋外だからこそのコミュニケーションがあり、これが屋内だとゴルフの魅力が半減してしまうと私は思う。

こんな熱い思いと夢を持っている私は、大学を卒業しゴルフ会員権を購入し、優雅なゴルフライフを送る日を楽しみにしている。


【こちらの記事も読まれています】