3つ目のゴルフ会員権

golgol ゴルフ会員権 本当にあった話 3つ目のゴルフ会員権

3つ目のゴルフ会員権

定年した主人が『ゴルフ会員権を買う』と言い出した。

長く働いたご褒美だから反対はしなかったが、正直いい気はしなかった。
それは3つ目のゴルフ会員権だからだ。

詳しくは知らないが、ゴルフ会員権は高額、また名義書換料という手続料も数十万円が必要となるらしい。

いったいゴルフ会員権とは、なぜそんなにお金が必要となるのだろうか疑問になる。

主人が言うには、株的な要素もあると言うがごれまでゴルフ会員権で配当をもらった話を聞いたことがない。

それでも主人の唯一の趣味だからと認めてきたが、定年してもう一つゴルフ会員権を買うと言い出すとは思わなかった。

定年して時間的に余裕が出来たのだから、『二人でゴルフに行く為にもう一つゴルフ会員権を買う』とでも言って欲しいがそんな気の利いた人ではない。

実際、そんなことを言われても今更ゴルフを始める気もないのれど。

『今持っているゴルフ会員権は?』と言いそうになった。

結局、主人には何も言わずにその事実を受け流す人生。

それを何年続けているだろうか。

言えばいいけれどいざこざになると時間の無駄だから言わない。

私の定年は、まだまだやってきそうにない。


【こちらの記事も読まれています】