ゴルフ人口を考える

ゴルフ人口を考える

ゴルフ人口を考える

ゴルフ人口は年々減少傾向をたどっており、ゴルフ会員権平均相場も低迷の域から脱しきれず、大幅な新規加入者も見込めない状況下でのゴルフ場倒産件数は、帝国データバンクによるデータによると2011年は27件、2008年以降は横ばい傾向にあるようであるものの30年以上の運営会社が最も多い結果となっている。

また、ゴルフ市場活性化委員会の調べによれば、コースへの入場者数のデータでは一時期よりやや持ち直してきたものの好景気時期の人口と比較しおよそ10%弱の減少になっている。

団塊の世代が高齢化を迎え、運動に支障をきたすような時期にはさらなる減少も確実であると考えられる。

しかし、プロのスポーツプレーヤー競争ではまだ隙間があったことから自分の娘を幼少の頃より英才教育を受けたプレーヤーも登場している。

年間賞金総額一億円代を稼ぎ出すような若いプレーヤーを見る今日、若い世代が台頭してゴルフ界を盛り上げてほしいものである。


【こちらの記事も読まれています】